【インタビュー】本戸曜一

インタビュー: 本戸曜一(『JIGEMON』登場人物)
聞き手: 庄司航(『JEGEMON』作者)

 

庄司(以下、S)「やあ本戸君。調子はどうだい?」

 

本戸(以下、本)「どうも庄司さん。調子は上々ですよ」

 

S「インタビューシリーズ第2回だ。今日は君の紹介をしたいと思ってね。ぜひよろしく頼むよ」

 

本「お安いご用です」

 

S「さっそくだけど、君はキツネということでいいのかな?」

 

本「キツネはキツネですが、ホンドギツネという種類のキツネです」

 

S「ホンドギツネ? 聞きなれない名前だなあ。それはどこに住んでるんだい? 日本のキツネなの?」

 

本「北海道に住んでいる種類がキタキツネ、本州、四国、九州に住んでいるのがホンドギツネですよ。だからまあ、北海道以外でふつうに「キツネ」と呼んでいるものがホンドギツネになるわけです」

 

S「そうなのか。いろいろな物語や絵本を読んでもホンドギツネなんて出てこないよね。だからてっきり珍しい種類なのかと思ったよ」

 

本「まあ絵本には出てきませんね。普通出てくるときは「キツネ」として出るわけでしょうから」

 

S「君はホンドギツネであることにプライドを持っているんだね」

 

本「まあ、ほかのキツネと間違えられるのはあまり好きではありませんね。キツネといってもいろいろですから。他の種類のキツネの方々もきっといやでしょう」

 

S「君は大学で人類学を勉強しているんだね。島原半島ではどんなことを研究するつもりなのかな?」

 

本「僕は卒業論文のための調査をするために島原半島に来ました。実は何をするかまだ決まっていないんですよ。何か面白い対象をこれから探すつもりです。島原半島の地下深くにかくされた謎の地下迷宮とか、クローン動物の秘密工場とか、キャプテン・クックが隠した財宝とか、そういうものが見つかったらわくわくしますね」

 

S「それはちょっと難しそうだね。それにキャプテン・クックは別に海賊じゃないから財宝は持ってなかったんじゃないかな」

 

本「そうでしたかね。まあ、やはり現地でいろいろなことを見聞きしながら考えるのが一番です」

 

S「なにか趣味はあるかい?」

 

本「大学でサッカーをやっています。見るのも好きですよ。僕はマンチェスターユナイテッドのファンです。試合は毎節見ています。今はケガ人が多くて大変な時期ですが、なんとかのりきってほしいですね」

 

S「君のプレーするポジションはどこ?」

 

本「サイドバックです。足の速さには自信があるんですよ。ウイングをやるときもあります。スピードを生かした突破からのクロスが僕の武器です。僕のクロスによってバイタルエリアで違いを作り出すわけです」

 

S「ほかに好きなことはある?」

 

本「パソコンを使った作曲をやっています。DTMというやつですね。僕はピアノもギターも弾けませんが、それでも自作の曲が作れるんですよ。面白いものですね」

 

S「どういったジャンルなの?」

 

本「テクノとかハウスとか、そういった方面ですね。R&B的なものも好きです」

 

S「歌も歌うのかい?」

 

本「歌には自信がないですね。歌は入面手先生の方がうまいと思います。先生は三線やギターも弾けますし」

 

S「じゃあ君の曲に合わせて入面手博士が歌ったらどうだい」

 

本「先生はアコースティック主義ですから、僕のような音楽は好きじゃないんですよ。『音楽性の違い』というやつですね」

 

S「それなら君が入面手博士とバンドを組んでもすぐに解散してしまうね」

 

本「即日解散するでしょう。音楽性の違いで」

 

S「まあ、今度ぜひ君の自作の曲を聴かせてくれたまえよ」

 

本「ええ、いいですよ」

 

S「最後の読者のみなさんに何か一言お願いしよう」

 

本「僕らの冒険譚はまだまだこれからです。どうか引き続きよろしくお願いします」

 

<終わり>

――――――島原半島・長崎県の特産物紹介―――――――

  

作品
アトリエ ンズリ・サナ / Atelier NZURI SANA

コメント